AMBASSADOR

PRO STAFF

村岡昌憲Masanori Muraoka

日本一の激戦区"東京湾奥"を代表するプロアングラー。豊富な経験と理論をベースとし、近年は全国様々なフィールドで活躍。常に斬新な発想を提案し、ロッドやルアーの開発では数多くのヒット作を生み出している。自身が出演する釣りビジョン「Seabass Journey」は絶賛放映中。アングラーズコミュニティー「fimo」を運営する(株)カルモアの代表。1972年生 東京都在住
ブログ:東京シーバスネット

プロデュース製品

Yusuke Nakamura中村祐介(RED中村)

雑誌やTVの取材で日本全国を飛び回り、各地の情報に精通するプロアングラー。特に干潟のウェーディングや、磯のヒラスズキ釣りがフェイバリットであるが、シーバス以外にもタナゴ釣りなどにも造詣が深い。2015年には自身の経験を凝縮させたルアーブランド「ポジドライブ ガレージ」を設立。1972年生 千葉県在住
RED中村:赤い革命

濱本国彦Kunihiko Hamamoto

四国を代表するプロアングラー。幼少より培った抜群のセンスとテクニックで、タイリクスズキやアカメなど数々のトロフィーサイズを仕留めた実績を持つ。特に河川での流れを読む能力は秀逸で、ドリフトのアプローチを得意とする。多くのプロアングラーの兄貴分として人望も厚い。 1968年生 香川県在住
CRAZY"COOL"HUNTER in HAMA

Michihiro Matsuo松尾道洋

"ランカー王国"広島で長年群を抜くランカー実績を誇り、理論と感性を併せ持つプロアングラー。特に河川での釣りを得意とし、過去幾度となくメーターオーバーをキャッチしている。現在はシーバスとライトゲームプロスタッフも兼任。アピアプロダクトディレクター。1975年生 広島県在住
ブログ:KEEP ON KEEPING ON

プロデュース製品

北添貴行Takayuki Kitazoe

高知在住時の2014年1月に雑誌「ルアーマガジンソルト」の取材で121cm 15kgのスーパーランカーシーバスを仕留めて周囲を驚かせ、2016年には125cmのアカメをキャッチするなど、レコードクラスを仕留めるランカーハンターとして名を馳せる。現在は大阪に拠点を移して、ボートシーバスのガイドサービスとして活躍中。1982年生 大阪府在住
ブログ:浦戸湾奥釣行記

プロデュース製品

Ryuji Kanamaru金丸竜児

年間を通じて尺メバルを狙うライトゲームのスペシャリスト。アコウやアカハタなどのロックフィッシュゲームやエギングも得意とする。またCAD/CAMのスキルも有し、ルアーデザイナーとして常に新しい可能性の模索にも意欲的である。2016年より自身のルアーブランド「ルーディーズ」を設立。1980年生 福岡県在住
ブログ:金丸竜児BLOG ~根魚とボクと、時々、イカ~

プロデュース製品

献上真也Shinya Kenjo

幼少の頃より釣りに親しみ、中学時代からシーバスやメバルのルアー釣りにのめり込む。海洋専門学校出身で、フィッシングインストラクターの資格を持ち、魚の生態にも詳しい。最近では汽水域のアジングを確立し、TVや雑誌への出演依頼が急増中。1979年生 山口県在住
ブログ:Represent Iwakuni

プロデュース製品

Yasufumi Nakashima中嶋康文

東北を拠点にトロフィー級のアイナメやクロソイを狙う、ロックフィッシュトーナメンター。大学時代はバスフィッシングにのめり込み、そこで培ったスキルをロックフィッシュゲームへと昇華させ、トーナメントでは多数の入賞実績を誇る。三陸を中心に活動するチーム「HUNTER'S」代表。1978年生 岩手県在住
ブログ:HUNTER'S" Blog

プロデュース製品

内田聖Sei Uchida

愛知県知多半島をホームグラウンドとするサラリーマンアングラー。仕事に子育てと多忙な日々を送りながら、短い時間でもしっかり釣果を叩き出す理論派。2019年は自身の経験を生かし、「激戦区で勝ち抜くコンパクトルアー」をコンセプトに各種ルアーをリリースする。1981年生 愛知県在住
ブログ:seanaps

プロデュース製品

FIELD STAFF

  • photo

    池田延夫Nobuo Ikeda

    ロックショアに巨大ヒラマサを追う、探究心とバイタリティ溢れるアイランダー。朴訥としたキャラクターとは裏腹に、熱意溢れる人情派。ライトゲームからシーバス、中深海ジギングまで、時節ごとあらゆる釣りを愉しむ。
    1975年生 新潟県佐渡島在住

  • photo

    井戸川慎吾Shingo Idogawa

    エコギア主催の2018年パワーオーシャンカップ北海道地区のアングラーオブザイヤーを獲得。遠投スタイルに並々ならぬこだわりを持ち、2018年はそのスタイルを貫き通しての戴冠。2019年はさらに進化したスタイル、タックルでP.O.C.スーパーロックの頂点を目指す。
    1983年生 北海道在住

  • photo

    大津昂彦Takahiko Otsu

    地元愛知、静岡を中心に全国各地に”デカイ魚”を求める行動派。小規模河川のランガンスタイルがメインでシーバスは近距離戦が得意。一発大物狙いのビックゲーマーで全国のデカイシーバスがいるエリアを巡り、シーバスのメーターオーバーも2本キャッチしている。近年はロックショアにも熱い思いを抱き、ヒラスズキやヒラマサを求め全国各地に脚を伸ばす。
    1990年生 愛知県在住

  • photo

    大澤大介Daisuke Osawa

    磯というフィールドにこだわりが強く、ヒラスズキとヒラマサを求めて全国のスポットに出没中。昨年磯から14kgのヒラマサをキャッチし、ついに”ジェネラル”の称号を奪還!体幹の強さと無尽蔵のスタミナを武器に、ショア青物道に邁進する。
    1975年生 東京都在住

  • photo

    阪中豊博Toyohiro Sakanaka

    メバルやアジなどのライトゲームや、磯ヒラスズキがフェイバリット。特に地元紀伊半島のライトゲームには精通しており、相棒の愛車と共にポイント、ターゲット共に新規開拓に余念がない。1975年生 和歌山県在住

  • photo

    鈴木達也Tatsuya Suzuki

    知多半島のメバルの生態を知り尽くし、地元愛知では群を抜く釣果を出し続けるフロートの名手。愛称は「すずたつ」。1986年生 愛知県在住

  • photo

    高倉祐一Yuichi Takakura

    宮崎をホームグラウンドとし、年間を通じてサーフや河川でシーバスを追いかける。特に中流域の”山スズキ”とサーフの”オオニベ”には並々ならぬ情熱を注ぐ。1979年生 宮崎県在住

  • photo

    永島規史Norifumi Nagashima

    神奈川県・三浦半島をホームとし、得意なスタイルはウェーディングやサーフシーバスというベテランアングラー。2017年よりアピアセールスエージェントとして活動。 1971年 神奈川県在住

  • photo

    長谷川泰孝Yasutaka Hasegawa

    幅広いターゲットに独自の感性で対峙する「釣る」アングラー。各地の地磯や沖磯でヒラスズキ&青物を狙い、半径500km圏内が行動範囲。だが祭りの時期だけは釣りも手に付かないという、生粋の“だんじり”ファイター。1974年生 大阪府在住

  • photo

    林準悟Jungo Hayashi

    通称”ジャークマン”。海アメ、海サクラの聖地”島牧”で、自ら生み出したジャーク釣法で圧倒的な釣果を出し続ける北海道サーフのカリスマ。サーフのルアーフィッシングのほかフライフィッシングなど、トラウト全般に精通する。
    1974年生 北海道在住

  • photo

    平林峰彦Minehiko Hirabayashi

    釣具店勤務という職業柄豊富な経験を生かし、東京湾奥から磯のヒラスズキまで幅広く釣行を重ねるアングラー。雑誌「ザ・シーバス」の連載では、“特命係長”として活躍中。1980年生 東京都在住

  • photo

    藤本昌大Masahiro Fujimoto

    能登を中心にシーバス&ショアジギングに精力的に通うロコアングラー。恵まれた体格から繰り出す豪快なキャスティングと、繊細なアプローチには定評がある。1971年生 石川県在住

  • photo

    藤原久志Hisashi Fujiwara

    ロックフィッシュトーナメンターだが、ソフトルアーだけでなくハードルアーも駆使するフリースタイルアングラー。他にもシーバス、フラットなど、旬のターゲットを求めて東北を走り回る行動派。1983年生 岩手県在住

  • photo

    安田ヒロキHiroki Yasuda

    横浜出身で東京湾がホームグラウンド。デイゲーム、ナイトゲーム共に得意とし、多彩なアプローチには定評がある。バグラチオン の高速巻き”バグる!”を発表し、注目度の高いアングラーである。1990年生 東京都在住

FIELD ADVISER

photo

小林厚治Koji Kobayashi

老舗チーム「東京シーパラダイス」の代表で、シーバスシーンの創世記から活躍する重鎮アングラー。現在はライフワークとして日本各地で釣りを満喫中。
1959年生 東京都在住

FIELD SUPPORTER

  • photo

    栗原智行Tomoyuki Kurihara

    アピアTVのカメラマン兼エディター。自身もソルトアングラーで、どんな過酷なフィールドであろうとアングラーの姿を追い続ける若きクリエイター。通称クリボー。
    1980年生 大阪府在住

  • photo

    省吾Shogo

    出身の長崎では幼少の頃より釣りに親しみ、現在は地元湘南で幅広く釣りを楽しむ芸能界きってのソルトアングラー。CMソング「ガリガリ君のうた」を歌うポカスカジャンのメンバー。 1971年生 神奈川県在住